■〒968-0321 福島県大沼郡金山町大字越川字深田1840 株式会社 恒和内
■TEL.0241(54)2003/0241(54)2876 ■FAX.0241(54)2874
TOP > スタッフの紹介
長谷川盛雄(あそびのがっこう代表)

森と音楽をこよなく愛し、子ども達を自然の中に暖かく迎えてくれる学校長である。
「未来を担う子ども達と一緒に、森の楽しさ、大切さを学び、伝える活動を…」と代表者として多忙の毎日である。キノコの研究にのめり込んでいます。
渡部 藤吉(事業運営担当)

あそびのがっこうの企画・事業運営を担当しています。
緑豊かな自然にかけだし、もっともっと遊んで欲しいと願っています。その「遊びの扉」を開いてくれるのは、遊びの達人「お父さん・お母さん」だと思います。福島県「森の案内人」です。
佐藤 兼子(山村生活伝承担当)

金山町に伝わる昔話や伝説を聞かせてくれます。
話が始まると子ども達は輝き、時間を忘れてしまいます。人々の生活の厳しさ、優しさ、いたわりなど大切な事を伝えてくれます。
星  賢孝(自然体験指導担当)

登山とカヌーをこよなく愛し、子ども達から大人まで、森じゅうを連れ回して遊びまわるガキ大将。
彼が企画している「金山の森・ネイチャースキー」は長年好評を得て実践されています。
猪俣 昭夫(自然体験指導担当)

観察会では新鮮な話術で魅了してくれます。専門は魚類。
地元の仲間達とカジカ・メダカ・ホタルを育て、生息できる環境創りの活動をされています。魚を通じて子ども達との環境教育にも活躍されています。
五十嵐 彰(自然観察指導・特別顧問)

現在、福島県生物同好会の会長、他の植物関係の団体役員の要職を勤められ活躍されています。
長年の教職を退職され、執筆活動と環境教育・自然観察会の指導に全国を駆け回っておられます。
著書「日本列島 花マップ」「磐梯朝日国立公園」他多数。
小林潤一郎(自然観察指導・特別顧問)

信州大学農学部卒の生物の専門官。福島県職を退職され、現在は、河川整備協議会・公園整備協議会など環境問題で多忙な生活を送られております。
野鳥観察では難問の検定1級に認定され、各地のバードウッチングで活躍されています。
ページトップへ
専用FAX用紙ダウンロード